サイトメニュー

施術を検討している方に

注射器

重要な事前知識

ボトックス注射治療は2009年以降全国で認知度も高まった美容整形術です。現在は全国各地の美容クリニックで受ける事ができ、負担の少なく簡単で安全な事から注目されています。ボトックス注射治療はボツリヌストキシンという薬剤を気になる部位に注射するだけの施術内容です。ボツリヌストキシンは40年程前からアメリカで顔面痙攣等の治療に使用されており、日本でも20年程前から医療現場で使用されています。美容医療に転用されてから現在までに世界70ヵ国以上で安全性が認証されています。日本でも厚生労働省が2009年に副作用のない安全な薬剤であると認めています。ボツリヌストキシンの効果は脳から筋肉への命令を出す際に発生するアセチルコリンという物質を抑制します。アセチルコリンが過剰であると筋緊張も高まり、顔だとしわができたりエラが張ってしまったりします。アセチルコリンの過剰分泌を抑える事で、不必要な筋緊張を緩和してしわやエラの張り等を改善したり予防したりする事ができます。ボツリヌストキシンはこの様に臨床データ豊富なので、安全性が非常に高い事が評価されています。美容医療業界でも副作用のない、手術のいらない治療としての地位を確立しています。医療施術ではありますが、美容目的で受ける場合は保険適用外になります。ボトックス注射治療を美容目的で受ける場合は、病院ではなく美容クリニック等で保険適用外で受ける事になります。病院も美容クリニックも共に医療機関であり施術は医師がしますが、受診方法や流れに違いはあります。病院では窓口に診察券を持って行く事で受診できますが、美容クリニックの場合は直接窓口に行っても診察を受けられない場合がほとんどです。事前に必ず医師との面談であるカウンセリングが行われますので、予約が必要になります。電話やホームページのメールで予約する事ができます。予約日に行くと医師と面談があり、状態を診察してもらいますが医師が施術内容を決定する事はありません。美容クリニックでは悩みを解決する機関なので、自分の希望を医師にしっかり伝える事が重要です。その際に金額の希望も伝えておく事で、最適な施術方法の提案を受けられます。ボトックス注射治療を希望していても、最適な方法が他にある場合もあります。全ての方針が決まり、納得できたなら同意書に署名する事で受け付けは終了です。ボトックス注射は副作用のない安全な治療ですが、服用している薬や施術当日の体調によって思わぬ症状がでる場合もあります。カウンセリングでは医師に服用薬の事を伝える事や、施術当日の体調が悪い際は必ず伝える事が重要です。

Copyright© 2019 美しさを求めたいならボトックス注射に注目【しわに効果てきめん】 All Rights Reserved.